辻調グループ代表者の辻芳樹氏、松岡修造が義弟?

今やフランスにもクループ校を開いている辻調グループ

料理界の東大」をキャッチフレーズに、ミシュランの有名店をはじめ世界の飲食店で腕を振るう優秀な料理人を数多く輩出しています。

テレビ番組での監修・協力でもお馴染みですね。よくエンドロールに同校の名前が登場します。

世界三大料理校の一つにも数えられる同料理学校を率いているのが代表者の辻芳樹(つじよしき)氏。

スポンサードリンク


プロフィール

  • 1964年大阪府に生まれ
  • 12歳でイギリスに留学
  • 27歳で帰国するまでヨーロッパ、アメリカで食を研究
  • 1993年グループ代表に就任
  • 学校法人辻料理学館 辻調理師専門学校 理事長・校長、辻調グループ代表

家族について

父・静雄氏がグループの創設者。
静雄氏は早稲田大学から読売新聞に入り新聞記者をしていました。
そこから転身して料理研究の道に入ったという異色の経歴の持ち主。

芳樹氏の妻は元テニス選手・松岡修造の姉。松岡修造は義理の弟になります。

松岡家は阪急阪神東宝グループの経営一族という財界の名家ですから、その一族と親戚関係になったということですね。
すごい上流階級のお話で一般庶民からは縁遠いセレブな世界ですねぇ。

幼い頃からの英才教育

8歳の頃から、前述の父・静雄氏に一流料亭へ連れて行かれて味を覚えさせられたとのこと。
まさにリアル「美味しんぼ」ですね。

さらには12歳でイギリスに留学させられていますが、留学の件は2カ月前に急に言われたので、さすがに「何と勝手な親だろうと思いました」と語っています。

ただ、留学自体を拒絶していたわけではなかったそうですので、すでにしっかりと自立した子供だったんですね。

また、父の静雄氏もただ突き放していたというわけではなく、留学中はしっかりとしたフォローをしてくれていたそうです。

そのお父さんの言いつけが「日本語を忘れるな。金髪の女性と男性だけは連れて帰ってくるな」というもの。
留学するうえで大事なことをよく分かった上での言葉ですね。深いです。

辻調グループ一覧

辻調理師専門学校(大阪)
1年制・2年制

辻製菓専門学校(大阪)
1年制・2年制

エコール 辻 大阪
1年制
フランス・イタリア料理、日本料理、製パン、製菓

エコール 辻 東京
1年制・2年制
フランス・イタリア料理、日本料理、製菓

上級校

辻調理技術研究所(大阪)
辻製菓技術研究所(大阪)
辻調グループ・フランス校

「教えることで学び続ける」という言葉を同校の「建学の精神」として掲げているとのこと。
料理という奥深い世界では追求を続けるという姿勢は一人前になった後でも大事なんでしょうね。

辻調グループはこれからも日本の料理界をリードし続けていくことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す