二刀流で活躍なるか?盛岡大付・松本裕樹投手の中学時代

t14081002

今年の甲子園で注目される選手の一人が投打・二刀流で話題の盛岡大付・松本裕樹投手。

桐光学園から楽天入りした“松井裕樹”と名前が被りますね。
しかも日ハムで活躍する大谷と同じく二刀流の実力を兼ね備えているという逸材。

スポンサードリンク


プロフィール

  • 神奈川県横浜市出身
  • 1996年4月14日生まれ
  • 血液型:A型
  • 身長183センチ・体重80キロ
  • 右投げ・左打ち
  • 野球歴:南瀬谷ライオンズ→瀬谷ボーイズ→盛岡大付

投げては最速150キロを誇るストレート、打っては高校通算54本塁打。
天が二物を与えたというところですかね。

しかも運命的なものを感じさせるのが、あの大谷の出身校・花巻東を破っての甲子園出場。
スター性も十分ですね。

瀬谷ボーイズから盛岡大付へ

横浜の瀬谷ボーイズから岩手の盛岡大付へ進んだということで、いわゆる“野球留学”ですね。

瀬谷ボーイズ時代は同じく盛岡大付に進んだ宮杉一輝とともにクリーンナップを務め、エースとしても活躍。
日本少年野球選手権大会神奈川県支部予選・準優勝、ゼット杯第4回日本少年野球八王子市長旗争奪大会・優勝などすばらしい成績を残しています。

じつは瀬谷ボーイズから盛岡大付へ進んだ選手が現在11人。過去8年間で34人もの選手を盛岡大付に送り出しているそうです。

どうやら同校監督の関口清治監督が瀬谷ボーイズで育った選手を評価しているためのようですね。

図式としては、品質の安定した稚魚を育てる養殖業者から仕入れて、自分のところで成魚にするみたいなイメージでしょうか。
まぁあまりいい例えでもないですが。

2009年に広島からドラフト指名を受けた伊東昂大元選手も瀬谷ボーイズから盛岡大付入りした選手。
実際にプロ選手も輩出している実績はすばらしいですね。

果たして松本投手もこの秋には指名を受けることとなるんでしょうか。

⇒松本投手のピッチング動画はこちら

⇒打者・松本投手のホームラン動画はこちら

投げすぎの心配は?

高校野球のピッチャーで心配されるのは連投によるエースの投げ込みすぎ。
せっかくのドラフト候補でもすでに肩や肘がパンクしていた選手も少なくありません。

盛岡大付の投手層を見ると、桜糀大輝・土井堅斗・大橋和弥といった左の3年生投手が充実。

岩手大会も1戦目は松本を温存。2戦目は松本が先発して途中から桜糀に継投。3戦目も同じ継投。準々決勝から決勝までは松本が一人で投げ切っています。

最後の3戦はやはりエースで勝ち切りたいという思惑が監督にもあったんでしょう。

当然、甲子園の初戦は先発でしょうね。

プロ入りも考えたらぜひうまく継投して、炎天下での酷使は避けてもらいたいですね。

その将来性は?

ピッチャーとしての松本は大谷ほどの球威はないものの、制球力は大谷以上との評価。
多彩な変化球で精度も光っているとのこと。

高校通算54本塁打を誇るバッティングも魅力的。
かの大谷も通算56本塁打とやはりその才能に似たものを感じますね。

ただ、ピッチングもプロレベルには及んでおらず、裏を返せばまだ伸びしろのある素材と言えそうです。

成長著しい高校生でもありますし、甲子園でグンとまた成長して秋のドラフトの目玉に躍り出るかもしれませんね。

盛岡大付は大会6日目の8月16日(土)東海大相模との対戦です。
注目しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す