フレッシュネスバーガー創業者の栗原幹雄氏、妻・子供は?

「フレッシュネスバーガー」や「ほっかほっか亭」、「魚がし日本一」など数々の飲食店を立ち上げ、成功させてきた栗原幹雄氏。

「ほっかほっか亭」は創業から4年で1000店舗を達成。
まさに凄腕の起業家です。

そんな栗原氏について調べてみました。

スポンサードリンク


家族について

インタービューの中で奥さんやお子さんのことにも触れていますので、結婚されてお子さんもいるようです。
お子さんについては「独立している」とも語っていますので、もう社会人になられていると思われます。

そんな栗原氏、お子さんが独立されてからを飼い始め、今では「犬のいない生活は考えられない」くらいの愛犬家なのだそうです。

飼っているのはラブラドール。
忙しい中でも毎日の散歩は欠かさないのだそうです。
いい飼い主っぷりですね。

ほっかほっか亭での苦労話

大学卒業後、積水ハウスに就職した栗原氏。
義理の兄で「ほっかほっか亭」の創業者でもある田渕道行氏から起業の誘いを受けて積水ハウスを退社。

一流企業を辞めてうまくいくかもわからない弁当チェーンの起業に参加するとは思い切りがいいですね。

ただ、さすがにお金の余裕もなかったようで、奥さんを一時実家に帰したのだそうです。

起業してからは「死ぬほど働いた」と語る栗原氏。
その甲斐あって1年目にして128店舗を出店したのだそうです。

ロマンに賭けて脱サラ、起業して必死に働くってまるで青春マンガですね。

そんな時代があったからこそ起業家としての成功もあったんでしょうね。

フレッシュネスバーガーの起業

栗原氏の家の近くにあった空き物件を不動産屋にすすめられたのが、フレッシュネスバーガーを起業するきっかけだったのだそうです。

その物件を見た瞬間に「ハンバーガーショップをやりたい」という何かが降りてきたのだとか。
まるでウソのような話ですが、その日のうちに店舗の図面を引いてメニューまで考案したそうで、よほど何か感じるものがあったんでしょうね。

当時からマックやモス、ロッテリアなどがひしめいていたハンバーガー業界。

栗原氏はあえてそれらの店舗で売っているものは意識せずに、純粋にお客さんのニーズに応える店作りを心がけたのだそうです。

四格のバランス”とも語っており、品格・人格・価格・店格のバランスを重視したのだそうです。

後発組が値下げ合戦に参加しても業界大手には敵いませんからね。

高級志向や激安を売りにするといった戦略も間違いではないでしょうけど、景気の波や人の嗜好の変化などで流行り廃りが激しくなりがち。

栗原氏が多くの飲食店の起業に成功した秘訣は、偏り過ぎないバランス感覚の良さなのかも知れませんね。

栗原幹雄氏のプロフィール・出身校についてはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す