在日韓国人2世だったやしきたかじんの家族・在日韓国人の有名人

9月11日に発売される角岡伸彦氏著「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」。
その中でじつは故・やしきたかじんさんが在日韓国人の家系だったことが書かれているのだそうです。

スポンサードリンク



生前、たかじんさんは父親や母親については多くを語っていませんでした。

歌手になることを強く反対されて長らく絶縁状態だったようで、実際に番組などで父親の話題になると多く語ることを避けてもいました。

父の権三郎氏は在日韓国人1世、戦前か戦中に韓国から日本に移住してきた方だったようです。
つまりはたかじんさんは在日韓国人2世だったということですね。

権三郎氏はたかじんさんのお兄さんの秀王氏とともに従業員80人ほどの日新ステンレスという会社を経営。
会社はのちに100億円以上の負債を抱えて倒産しています。

弟さんもいるようで学校の校長先生をしているとたかじんさん自身が語っていました。

豪快な人柄だったたかじんさんですから、ことさらに在日韓国人ということに引け目を感じて隠していた訳ではないでしょう。
むしろ、家族仲が良くなかったことを思い出したくなかったのではないでしょうか。

ちなみにお母さん似だったというたかじんさん。そのお母さんとも折り合いが良くなかったそうです。

なぜ大阪に在日韓国人が多いの?

明治時代に日韓併合が行われて以来、密航などで日本にやってくる朝鮮人が多くいました。
いわゆる出稼ぎですね。

こういった朝鮮人は全国にいたそうです。

そして戦後、朝鮮半島に帰国するための船を大阪や福岡から出港させようと計画。
ところが、朝鮮戦争が勃発し、帰国船の計画が頓挫。
大阪や福岡に集まった朝鮮人は帰国することができずに、そのまま居ついてしまったのだそうです。

そのため大阪だけでなく、福岡市の博多区千代町や東区浜松町にもコリア系住民が現在も多く住んでいます。

在日韓国・朝鮮人の有名人

芸能人

金子賢(俳優)
ソニン(歌手・在日韓国人3世)
朴璐美(声優)

スポーツ選手

張本勲(元プロ野球選手・在日韓国人2世)
桧山進次郎(元プロ野球選手・在日韓国人3世)
長州力(プロレスラー・在日韓国人2世)

その他

重光武雄(ロッテグループ会長・在日韓国人1世)
崔洋一(映画監督)
つかこうへい(劇作家・在日韓国人2世)

芸能界にはけっこう在日の方が多いと聞きますね。

帰化されていて日本国籍をお持ちの方も多いでしょうし、立派に仕事されている方たちばかりですから、色眼鏡で見るべきではないでしょう。

ただ韓国に対して言いたいのは、対馬から盗んだ仏像竹島を返して欲しいということですね。

以上、やしきたかじんさんと在日韓国・朝鮮人についてでした。

スポンサードリンク

コメントを残す