青藍義塾・坪田信貴の経歴・妻は?子供は?

「ビリギャル」がベストセラーにもなっている青藍義塾塾長の坪田信貴氏。
偏差値30のコギャル女子高生を慶應大学合格に導いたというその手腕。
まさに神業ですね。
そんな坪田氏について調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィールについて

坪田氏の肩書きに「学校法人大浦学園理事長」とありますが、佐賀県藤津郡太良町にある「大浦幼稚園」を運営しているようです。

こちらが生家のようですので、佐賀県藤津郡太良町出身みたいですね。
幼稚園は「正傳院」という浄土宗のお寺の境内にあり、坪田氏も元々はここを継いでお坊さんになるはずだったそうです。
お寺が幼稚園経営してるパターンってよくありますから、坪田氏の家もそういう業態だったんですね。

小・中学校の成績がよかったそうですが、高校に入ってからは赤点ばかり取っていたのだそうです。
これは意外ですねぇ。

そんなとき、学校にオーストラリアとアメリカからかわいい留学生の女の子たちがやってきたのだそうで、その娘たちと仲良くなりたい一心で苦手だった英語の勉強に取り組んだのだそうです。
まぁ男子高校生のモチベーションなんて、この程度の単純なものですよね。

しかし、その“英語を勉強したい”という意欲が高じてニュージーランドへ留学したり、渡米して心理学や哲学などを勉強するにまで至ったのだそうです。

今や英語の実力はTOEIC990点でなんと満点!

異国から来た金髪美少女たちとの出会いが一人の少年の運命をここまで変えてしまったんですね。

アメリカから帰国して初めの頃は塾講師として他の塾に勤めていたそうです。
しかし、出勤した初日に「大学に行く目的」や「自分に合った志望校」といった子供たちの問いかけにまったく答えられず、自信を喪失
翌日から3日間も無断欠勤してしまったのだとか。

もう辞めようと思っていたところ、上司に「経験を積んで少しずつ一人前になっていけばいい」と励まされて職場復帰。
なかなかいい上司に恵まれましたね。
ここで辞めていたら塾経営にも至っていたなかったでしょうね。

その後、独立して「青藍義塾(せいらんぎじゅく)」を名古屋市内に開きます。

塾ではビリギャル以外にも多数の生徒の成績を短期間でアップさせ、有名大学へと輩出しています。

奥さん・子供はいるの?

すでにご結婚されているそうです。
インタビュー記事のなかで趣味は「妻とのデート」とあり、夫婦仲が非常にいいみたいですね。

今年6月に受けているインタビューの中で、お子さんについて尋ねられると「お腹の中にいます」と答えていますので、もう生まれたかどうかというところでしょう。
おそらく今、幸せいっぱいなんじゃないですかね。

さて、「適切な勉強方法であれば誰でも結果は出せる」と言い切る坪田氏。
「人間は9タイプに分類可能」という独自の視点からタイプ別の指導をしているのだそうです。

少子化で親たちの子供に対する教育にが入っている昨今。
これからますます坪田氏の青藍義塾とその指導に熱い視線が集まりますね。

ビリギャル・さやかの出身高校、職業、結婚してる?

スポンサードリンク

コメントを残す