「HOME 愛しの座敷わらし」のあらすじ&ネタバレ、ロケ地紹介

2012年に公開された映画「HOME 愛しの座敷わらし」。
「相棒」でお馴染みの水谷豊が主演。

そのあらすじなどをご紹介。
ネタバレもありますのでご注意ください。

スポンサードリンク


あらすじは?

それぞれに問題を抱えた家族が岩手の田舎に引っ越して、そこで出会った“座敷わらし”とのふれあいを通して家族が再生していく物語。

主人公であるお父さんは東京の会社で煙たがられて、岩手に左遷された中間管理職のサラリーマン。
都会育ちで田舎に馴染めないお母さん。
いじめに悩む中学生の娘。
喘息持ちの小学生の息子。
認知症のおばあちゃん。

こんな一家が築200年の古民家に引っ越すことになり、そこに棲みついた“座敷わらし”と出会います。

最初はみんな戸惑うものの、徐々に座敷わらしを受け入れるようになっていく家族たち。
すると古来からの言い伝えどおりに座敷わらしがそれぞれに幸運をもたらしていきます。

その幸運はお父さんにも訪れ、仕事で大成功
東京に呼び戻されることになりました。

せっかくなじんだ田舎暮らしと古民家、そして座敷わらしに別れを告げて東京に戻った一家。

そして、一家でレストランに入ったとき、店員に「6名様」と案内されたことで初めて、座敷わらしも一緒についてきたことを知ったのでした。

作品への感想

この一家、お父さんは仕事で挽回しましたし、お母さんもご近所と仲良くなり、娘は友達ができ、息子も喘息が治るなどそれぞれ幸運に恵まれます。

しかし、おばあちゃんはボケる一方という描写。
いくら座敷わらしでも認知症は止められないということなんですかね。
それとも認知症でいろいろ忘れていくこともまた幸せなことなんだという解釈でしょうか。

まぁしかし、最後に座敷わらしもついて来ちゃったというのは、ちょっとお砂糖入れすぎな甘ったるい展開ですね。

これではこの一家にはこれからも絶えず幸運が訪れ続けるということになっちゃいますよね。
それぞれの人生、山あり谷ありだと思うんですけどねぇ。

娘も戻った学校でまたいじめられるかもしれないし、都会の空気で息子はまた喘息がぶり返すかもしれない。
おばあちゃんは認知症が進んでついに徘徊を始めるかもしれないですし、都会に戻ったことでまたいろいろな問題に直面するんじゃないでしょうか。

やっぱりお父さんが会社辞めて「そのまま岩手の古民家でみんな仲良く暮らしました」とするか、座敷わらしとは岩手で別れて「息苦しい現実の待つ東京に戻った」というほうがしっくりくるような気がします。

まぁハッピーエンドで癒されたい人にはこのままがいいんでしょうけどね。

ロケ地のご紹介

古民家は岩手県遠野市の「遠野ふるさと村」で撮影しています。
日本の原風景をそのまま保存している施設です。

ほかにも岩手銀行中ノ橋支店、盛岡城跡公園、小岩井農場といった場所でも撮影が行われました。

交通機関として、盛岡駅から盛岡都心循環バス「でんでんむし」が運行されています。
ご旅行される際にはご利用になってはいかがでしょうか。

興行収入は?

映画の興行収入は4億円ちょっと。

これはもういわゆる「失敗」「大コケ」というところですね。

この映画自体、主演の水谷豊が熱望して実現したそうですが、やっぱり水谷豊というと「相棒」のクールな刑事役。
くたびれた中間管理職のお父さん役はハマってなかったですよね。

とはいえ「相棒」をヒットさせている水谷豊がやりたいと言えば逆らえないテレビ朝日やその他の関係各社。
「相棒」の監督・和泉聖治を引っ張り出して、とにかく撮ってみたというところでしょうね。

実際のところ、映画の評判自体はそんなに悪くはなかったのだそうですが、同時期に阿部寛主演の「テルマエ・ロマエ」が大ヒット
ちなみに興行収入58億円!

その煽りを少なからず受けてしまった形のようです。

しかし、興行収入と映画の面白さは必ずしも比例しませんし、映画の感じ方も人それぞれ。
興行収入は4億円でも、人生に疲れ切った人にはほどよい癒しとなるのではないでしょうか。

ぜひ一度、映画「HOME 愛しの座敷わらし」をご覧になってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す