センター・オブ・ジ・アース2のあらすじネタバレ、キャスト

大ヒットした3D映画の続編として製作された映画「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」。
前作にも出演した俳優のジョシュ・ハッチャ―ソンが今度は主人公を演じ、新たにドウェイン・ジョンソンも出演。
そんな「センター・オブ・ジ・アース2」について調べみました。

スポンサードリンク


あらすじをご紹介(ネタバレ注意)

登場人物をご紹介。

  • ショーン・アンダーソン:主人公、17歳の少年
  • ハンク・パーソンズ:ショーンの義父
  • アレキサンダー:ショーンの祖父
  • ガバチョ:ヘリコプター操縦士、ガイド
  • カイラニ:ガバチョの娘

前作にも登場したショーンが17歳になったあとの話。

無線で謎の暗号が入ったメッセージを受信したショーン。

ショーンといまいち反りの合わない母の再婚相手・ハンクはショーンとの距離を縮めようとその暗号を解読。

その内容からフランスの作家ジュール・ヴェルヌの作品に登場する“神秘の島”への座標を突き止めます。

その暗号を送ったのは行方不明になっている祖父・アレキサンダーであると信じて疑わないショーン。

最初は反対するものの、ショーンと打ち解けるいい機会になればとハンクはショーンとともに“神秘の島”をめざしてパラオ島に向かいます。

現地でチャーターしたヘリコプターのパイロット兼ガイドのガバチョ
その娘のカイラニにショーンは一目惚れ

ガバチョの操縦するヘリコプターに乗り込んで“神秘の島”へ向かうショーン、ハンク、カイラニ。
しかしその途中、嵐に巻き込まれヘリコプターは墜落

そして、墜落した場所がなんと目的の“神秘の島”なのでした。
そこは大小が逆転した巨大トカゲや巨大蜂、小さな象といった生物が生息するまさに神秘の島。

4人で島の奥へと進むうちについにショーンの祖父・アレキサンダーと再会します。

島には古代都市・アトランティスも存在し、そこでこの島が間もなく水没する運命であることを知ります。

沈みゆく島を脱出するには潜水艦ノーチラス号を使うしかないため、5人はノーチラス号の隠された場所に向かって出発します。

途中さまざまな困難に遭遇しながらもなんとかノーチラス号に辿り着きますが、長い年月を経ていたため電源が入りません。

そこで巨大電気ウナギを利用して電源を確保。
見事、動かすことに成功したノーチラス号によって島を脱出したのでした。

冒険を経て親子のを深めたショーンとハンク。
そして、カイラニとはの芽生えも。

それから半年後、ガバチョはパラオ島の観光事業で成功して社長に。
娘のカイラニはアメリカの大学に留学。
ショーンともデートするような仲になっています。

ショーンの誕生日、祖父のアレキサンダーはジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」をプレゼント。
ショーンは家族やカイラニと一緒に月旅行へと思いを馳せるのでした。

キャストについて

義父のハンク役を演じているのが「ハムナプトラ2」でスコーピオン・キングを演じていたドウェイン・ジョンソン
俳優でありプロレスラーでもあります。
たしかにハムナプトラではいい体してましたよね。

カイラニ役を演じているのはヴァネッサ・アン・ハジェンズ
映画「ハイスクール・ミュージカル」シリーズに出演。
プライベートで自画撮りのヌード写真が流出したことでも話題になっています。しかも2回
1回で懲りなかったんでしょうか。
まぁそういう趣味の人ならしょうがないですが。

興行収入は?

製作費は7900万ドル
86億円ほどですね。

世界での興行収入は3億2500万ドル
357億円
世界的に見て成功した映画と言っていいでしょうね。

ちなみに日本では2億円ちょっと。
これは外しましたね。

やっぱり3D対応していない映画館のほうが多かったせいでしょうか。

同映画が公開された2012年は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(53億円)」「バイオハザードV リトリビューション(38億円)」「アベンジャーズ(36億円)」といった洋画がヒットしていますね。

実際に「前作のほうがよかった」なんて声もチラホラ。

まぁ確かに内容は「いかにも」なハリウッドのアクション・アドベンチャー映画ですがある意味、予定調和で安定して観られる作品ですね。
家族で楽しめる作品と言ってもいいかもしれません。

映画「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」を一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す