大相撲の呼出さんの給料は?どんな仕事をしているの?

大相撲で扇を持って力士の名前を読み上げる呼出さん。
着物を着て、土俵の上をほうきで掃いたり、土俵下で力士にタオルを渡したり、ひしゃくで水を渡したりする姿が中継でも見受けられます。
この呼出さんについて調べてみました。

スポンサードリンク


おもな仕事

呼出さんのおもな仕事はまず、土俵上での力士の呼び上げ
力士が土俵に上がる前に、扇を広げて「東、●●●●。西×××」と名前を呼ぶやつですね。

ほかにも拍子木打ち(取り組み前にちょいちょい拍子木が入りますよね)、太鼓(NHKの中継初めと終わりにも流れてる感じのやつですね)、懸賞金の提示(企業名の入った幕を持って土俵回ってますよね)、力士・審判員・行司のお世話、そのほか雑務。

そして土俵の整備も呼出さんの仕事。
乾燥するとひび割れてしまいますので水を打ったり、場所前に土俵作りをするのも呼出さん。

いろいろな仕事をしているんですねぇ。
これは年中、大忙しなのかと思いきや、場所前は思いのほかヒマなのだとか。
呼出さんはそれぞれ相撲部屋に所属して寝泊りしていますが、力士の稽古中は特にやることなし。
稽古が終わったら土俵の整備をするぐらいで、あとは自由時間なのだとか。

その代わり場所中は大忙しでしょうから、ギャップが激しいんですね。

定員は45名
呼出になるには義務教育を修了した満19歳までの男子という条件があるそうです。
しきたりや熟練を要される伝統職なので、なるべく若い人を採用するんでしょう。
「なぜ男子限定?」と考えてみたら、そもそも女性は土俵に上がれませんからね。

9つの階級制

呼出さんは9つの階級に分かれています。

  • 立呼出
  • 副立呼出
  • 三役呼出
  • 幕内呼出
  • 十枚目呼出
  • 幕下呼出
  • 三段目呼出
  • 序二段呼出
  • 序ノ口呼出

勤続年数成績に応じて昇格するような基本的には年功序列なのだそうです。
ほかに立呼出は1人、副立呼出は2人以内、三役呼出は4人以内といった決まりもあるそうです。

ちなみに成績というのは呼び上げ・太鼓・土俵作りで決めているのだとか。
これはやっぱり聞いてみないと分からない世界の話ですね。

お給料は?

呼出さんのお給料は相撲協会の規則でそれぞれ決められています。

  • 立呼出・副立呼出・三役呼出 月給36万円~40万円
  • 幕内呼出 月給20万円~36万円
  • 十枚目呼出 月給10万円~20万円
  • 幕下呼出 月給4万2000円~10万円
  • 三段目呼出 月給2万9000円~4万2000円
  • 序二段呼出 月給2万円~2万9000円
  • 序ノ口呼出 月給1万4000円~2万円

このほか手当が付きます。

手当が果たしてどのくらい付くかで変わりますが、立呼出で月40万円、12ヶ月とすると480万円。
もし、ボーナスが3か月分、2回出ていれば年収にして720万円になりますね。

こんなにボーナスが出ていないにしても相撲協会は相当な資産を持っているそうですので、「不況で給与カット」なんてことはまずないでしょう。
まさに公務員並みの超安定職ですね。

大相撲を裏方で支える呼出さん。
その仕事や内情を知ると、また違った見方で大相撲を楽しめるかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す