ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

スポーツ

フレッド・和田勇の経歴、妻・子供について

投稿日:

日系2世として1964年の東京オリンピックの招致に尽力したフレッド・和田勇さん。
彼なしには東京オリンピックの開催はなかったと言っても過言ではないでしょう。
そんな和田さんについて調べてみました。

スポンサードリンク


和田さんは1907年、ワシントン州で食堂を経営していた両親の元に生まれました。

両親ともに和歌山県の出身で、お父さんは出稼ぎ漁師としてカナダのバンクーバーへ移住。
ワシントン州で食堂を経営するようになります。

生活が厳しかったため、和田さんが4歳のときに和歌山の母方の祖父母の家に預けられています。
それから5年ほど和歌山で過ごしていますが、和田さんが日本で暮らしたのはこのときが最初で最後でした。

9歳のときに両親の元へ戻りますが、弟たちが生まれてさらに生活が厳しくなり、12歳で家を出て農園に住み込みで働きながら学校へ通うようになります。
小さい頃から苦労していたんですね。

17歳のときに農作物を売るチェーン店に勤務。
働きぶりが認められて1年で店長に昇格します。

そこで貯めた資金を元手にサンフランシスコで自分で青果店をオープン。
それまで雑多に並べられていた陳列を商品ごとに揃えるといった工夫をしたことで大繁盛
こういう工夫の仕方は日本人っぽいですけど、やっぱりアメリカ人は昔から大雑把だったんですね。

26歳の頃に和歌山県出身の正子さんと結婚
長女と長男の2児に恵まれています。

ちなみに娘さんには「都」にちなんで美弥子、息子さんには「東京」にちなんで時雄と名付けたのだそうです。
お子さんの名前を見ても日本がとても好きだったのが窺えますね。

それからオークランドで3軒の店舗を経営するオーナーとして日系人の商店組合のリーダーを務めます。
しかし、日米開戦に伴い、オークランドから退去せざるを得なくなります。
法律によって、退去しない場合は強制収容所送りになるという厳しい措置が取られていたのでした。

昔のこととはいえ、これは立派な人権侵害ですね。

和田さんは一家でユタ州へ移って農場経営を始めます。
しかし、石ころだらけの上に冬の訪れも早く相当に厳しい環境にあったようで、経営は困難を極めたそうです。

終戦後、ロサンゼルスに移り、スーパーマーケットを経営して大成功
17店舗を数えるチェーン店に育て上げました。

商売下手で失敗続きの人っていますが、和田さんは逆に昔から商才があったんでしょうね。

終戦から4年後の1949年、全米水泳選手権大会に参加するため日本の6選手が渡米してきます。

しかし、当時はまだ戦後間もなく、旧敵国の日本人に対しては激しい差別があったため、宿泊もまともに取れないような状態でした。

そこで和田さんは自宅を開放して選手たちを宿泊させ、食事や練習場所の手配をするなどの手厚いサポートを行ったのでした。
まだ日本国内の食糧事情も良くない時代であったため、正子夫人によって振る舞われた豪勢な日本食に選手たちは大喜びだったそうです。

大会では和田夫妻の手厚いもてなしに応えるように日本人選手が大活躍
3日間の大会で自由形6種目中5種目に優勝、9つの世界新記録を樹立するという快挙を成し遂げます。

その中心選手だったのが、のちにJOC会長にもなった古橋廣之進さんでした。

この大活躍は蔑まれていた日本人を「Japanese is great」とまで言わしむるもので、さらには同じく差別に遭ってきた和田さんたち日系人の地位を向上させるきっかけにもなったのでした。

それから10年後、東京オリンピック招致の動きがあり、和田さんは中南米の集票活動の依頼を受け、オリンピックの準備委員になります。

和田さんは正子夫人を伴って私費で中南米を歴訪。
その尽力の甲斐あってIOC総会では過半数の票を得て東京への招致に成功

和田さんは中南米を回る中で伝えていったのは、

私にも家内にも熱い日本人の血が流れております。日本は敗戦で厳しい試練を受けましたが、いまや平和な国によみがえり、オリンピックを開催できる力を持つまでに復興しました。東京オリンピックを開催することで、日本の人々に勇気と自信を持ってもらえると私は確信しています

という信念や情熱のこもった思いだったのだそうです。
この熱い思いがIOC委員の心を動かしたんでしょうね。
しかも、私費を投じるその姿勢は今の日本人にない心意気ですね。

その後、JOCの名誉委員を務めたり、アメリカのロサンゼルス五輪招致にも尽力するなど日米のスポーツ界に貢献した和田さん。
2001年に93歳で亡くなられました。

2016年に再び東京五輪が開催されることが決まっている今、フレッド・和田勇さんの功績もまた見直されていくべきでしょう。

日本で暮らした年月はわずかでしたが、心から日本を愛し日本のために尽くしたその人生にぜひ敬意を払いたいですね。

東京オリンピック呼んだ男、フレッド・和田勇とは?

-スポーツ

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ドラフトの目玉!身長183センチの大砲、智辯学園・岡本和真内野手

台風の影響で順延となった夏の甲子園ですが、今大会注目のスラッガーが智辯学園の岡本和真内野手。 身長183センチ、体重95キロという恵まれた体格で、高校通算73本塁打という紛れもないスラッガーです。

no image

体操女子・村上茉愛のプロフィール・出身校、コーチは池谷幸雄?

体操女子の新星・村上茉愛(むらかみまい)選手。 3歳から体操を始めて、現在高校3年生。 昨年の世界選手権代表にも選ばれました。 そんな村上選手について調べてみました。

no image

日立が生んだ「パンポン」のルールと歴史

茨城県日立市では知らぬ者のないスポーツ「パンポン」。 少し小さめなコートで手作りのラケットを使って軟式テニスボールを打ち合う競技です。 そんなパンポンについて調べてみました。

no image

巨人・鈴木尚広の出身高校・妻・子供は?

代走や守備固めで登場する巨人の 鈴木尚広(すずき たかひろ)選手。 スタメンとして出場することはまず ありませんが、その走力を生かしていい仕事 してくれる、まさに“職人”。 その働きっぷりで「走塁のス …

no image

体操女子・永井美津穂の大学・身長・プロフィールなど

体操女子で田中理恵に続くニューヒロインとして注目される永井美津穂(ながいみずほ)選手。 ユニバーシアード代表や来月開催されるアジア大会へ出場するだけの実力もさることながら、そのルックスも“かわいすぎる …