ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

鮮魚店「根津松本」店主・松本秀樹さんの経歴

投稿日:

東京都文京区根津の鮮魚点「根津松本」。

高級料亭や高級寿司屋でなければ
お目にかかれない高級魚を小売している
魚屋さんです。

その根津松本の店主が松本秀樹さん。

スポンサードリンク


松本さんは北海道出身。
1969年生まれの45歳。

やはり実家も鮮魚店を
営んでいたのだそうです。

学生時代はバンドを組んでいたのだそうで、
芸能界を夢見ていたのだとか。

なかなかベタな夢ですね。

夢を追って上京しますが、
家族が病気になったため、
実家に戻って魚屋を手伝います。

その時に魚屋の仕事の面白さを
再認識したのだそうです。

もともと小学生の頃からよくお店を
手伝ってもいたそうで、魚を見る目は
肥えていたのだとか。

1年ほどしてから、再び夢を追って上京。

しかし結局、東京の魚屋に就職。

こうしてみるとどうやっても
魚屋になるように神様が仕組んでいた
みたいに見えますね。

根津松本を創業したのは2007年

根津松本のホームページはこちら

朝は4時起きで、築地に仕入れに行きます。

スーパーと違って根津松本で仕入れる魚は
すべて一級品

主婦が晩ご飯のおかずを買いに行く
というわけにはいきませんね。

でも「それで商売になるの?」
と思ってしまいますが、同店のお客さんは
富裕層の方が多いようです。

狙っている客層がそこいらのスーパーとは
違うということですね。

それだけに松本さんのこだわりも
人並み以上。

築地市場が休みの時には
鮮度がおちるため魚を店頭に出さない
というこだわりぶり。

さらには干物も自家製

やっぱり根っからの魚屋さんなんですね。

同店では鮮魚のほか、刺身や干物、
煮付けも扱っているそうです。

これだけこだわっているんですから、
刺身の盛り合わせなんて作ってもらったら
絶品なんでしょうねぇ。

まぁお値段もそこそこなんでしょうが。

実際に扱っている魚は、
イワシが1匹1,000円だったり、
北海道の紅鮭が一切れ1,000円だったり。

いやいや1,000円あったら、
定食屋でおつりが来ますけどね。

あくまで大衆ではなく一部の客層が
ターゲットということなんですね。

さすがに毎日は無理だとしても、
お祝い事などの何か特別な日に奮発して、
一度、根津松本をご利用になってみては
いかがでしょうか。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

大橋建一和歌山市長のプロフィール・歴代市長について

和歌山市の大橋建一市長が22日に退庁式を迎え、円満に任期を終えました。 じつは和歌山市は、1947年に市長公選制になって以来、退庁式という形で市長が見送られたことがないという珍しい自治体。 大橋市長と …

no image

日吉歯科診療所・熊谷崇さんの予防歯科とは?

山形県酒田市にある日吉歯科診療所。 その理事長である熊谷崇 さんは、 虫歯や歯周病を防ぐ「予防歯科」で世界的に 注目されています。

no image

片倉弘貴・和気町議会議員の出身高校・大学、放浪の理由とは?

放置自転車を横領したとして逮捕された 現職の岡山県和気町議会議員・片倉弘貴氏。 行方不明ということで今年4月に家族から 捜索願も出ていたとのこと。 町議を務めながら、一体なぜ突然に姿を消し、 放浪して …

no image

冤罪?藤井浩人・美濃加茂市長のプロフィールと事件の真相

収賄の容疑で逮捕・起訴された岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長が保釈され記者会見を開きました。 「自白を強要された」と語った藤井市長。 一貫して無罪を主張していますが、果たして事件の真相はどうなんでしょう …

no image

フレッシュネスバーガー創業者の栗原幹雄氏、妻・子供は?

「フレッシュネスバーガー」や「ほっかほっか亭」、「魚がし日本一」など数々の飲食店を立ち上げ、成功させてきた栗原幹雄氏。 「ほっかほっか亭」は創業から4年で1000店舗を達成。 まさに凄腕の起業家です。 …