ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

シェフ・高澤義明の出身校・料理のお値段、両親も料理人?妻は?

投稿日:

東京赤坂にあるレストラン「TAKAZAWA」。

10席しかないというお店に予約が殺到して
いるのだそうです。
それも世界中というから驚き。

そのTAKAZAWAのオーナーシェフが
高澤義明氏。

世界で賞賛される料理人です。

スポンサードリンク


高澤シェフは1976年生まれの38歳。
東京都の出身です。

新宿調理師専門学校を卒業。

卒業後はさまざまなレストランや焼き鳥屋
などでも腕を磨いたのだそうです。

2005年に「ARONIA DE TAKAZAWA」を開店。

ちなみに「ARONIA(アロニア)」は
ブルーベリーのような果実をつける植物。

あまり一般的ではありませんが、その実は
栄養豊富。

そんな小さな実にあやかって店名をつけた
のだとか。

店のコンセプトを変えるのに伴って店名を
TAKAZAWA」のみに変更して現在に至って
います。

TAKAZAWAのホームページ

お店は奥さんも一緒に切り盛りされている
そうです。

ちなみに両親や親戚も料理人だそうで、
高澤シェフが料理の道に進んだのも自然な
流れだったんですね。

高澤シェフの料理はその経歴からも分かる
とおり、和食やフレンチなども融合した
創作料理

スペインの国際料理学会の日本代表として
毎年招待を受けたり、メキシコの
国際料理学会からも招待を受けています。

アメリカの高級グルメ雑誌
「FOOD&WINE MAGAZINE」の
“人生を変える世界のトップレストラン10”
のひとつに選ばれるなど、やはり高評価
得ています。

もう日本を代表するシェフといっても
いいでしょうね。

気になるその料理のお値段ですが、
お任せのコースで、12600円~21000円
とのこと。

食材などいろいろとリクエストもできる
みたいです。

お値段は多少上下すると思いますが、
手が届かないほどでもない印象。

年1回の贅沢として来店されてみては
いかがでしょうか。

なお、完全予約制でキャンセルは4日までに
しないとキャンセル料が発生するそうです。

高澤シェフ自身、料理人を生涯続けられる
「恵まれた仕事」と語っており、
また他にはない「やりがいのある仕事」
であるとも語っています。

料理人としての誇りを持ってお客さんを
もてなしているんですね。

世界からお客さんがやってくるという
その料理。
一度味わってみたいですね。

日々、予約がいっぱいでなかなか難しい
かもしれませんが、タイミングがよければ
入れるかもしれません。

もし、運良くその料理が味わえる機会が
あったら、ぜひご堪能ください。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

小野寺五典の経歴・家族について、妻・子供は?

第2次安倍内閣で防衛大臣を務めた小野寺五典(おのでら いつのり)衆院議員。 第1次安倍内閣でも外務副大臣を務めるなど安倍首相の信頼の厚い議員の一人です。 そんな小野寺議員について調べてみました。

no image

青藍義塾・坪田信貴の経歴・妻は?子供は?

「ビリギャル」がベストセラーにもなっている青藍義塾塾長の坪田信貴氏。 偏差値30のコギャル女子高生を慶應大学合格に導いたというその手腕。 まさに神業ですね。 そんな坪田氏について調べてみました。

no image

パインの上田豊社長の経歴・出身校、パインアメ誕生秘話

黄色い輪になった飴玉といえばパインアメ。 その製造元がパイン株式会社です。 創業は1948年、戦後すぐですね。 現在も本社がある大阪で操業を始めました。

no image

新幹線の父・島秀雄の経歴、父も息子も鉄道技術者?

“新幹線の父”とも呼ばれる島秀雄さん。 戦前は蒸気機関車「D51」の設計にも 関わっていたのだそうです。

no image

立命館大学・久保幹教授の微生物研究がすごい!

微生物の力で農業を大きく変えるほどの 成果を挙げているのが立命館大学の 久保幹(くぼ もとき)教授。 特殊な微生物を発見し、その力を利用して 植物の大きさを2倍にしてしまった のだとか。