「マッサン」で西川きよしが演じるモデル・阿部喜兵衛とは?

NHKの連続テレビ小説「マッサン」で
西川きよしが演じているのが
住吉酒造の社長・田中大作

このモデルとなっているのが、
摂津酒造の阿部喜兵衛

スポンサードリンク



当時、摂津酒造は国内トップの洋酒メーカー
でした。

マッサンのモデル・竹鶴政孝
大阪高等工業学校(現・大阪大学)在学中、
洋酒作りに興味を持ち、摂津酒造の
阿部喜兵衛に直談判。

在学したまま入社することになります。

竹鶴政孝の行動力もすごいですが、
まだ何もできない学生を即採用してしまう
阿部喜兵衛も気っ風のいい人物ですね。

竹鶴政孝はスコットランドへウイスキー作り
に留学しますが、そのきっかけを作ったのも
阿部喜兵衛。

それまでウイスキーの模造品しかなかった
時代、本場の技術を習得してくることを
すすめたといいます。

ということは阿部喜兵衛と関わらなければ、
そもそも竹鶴政孝はウイスキー作りを
していなかったかもしれませんね。

非常に重要なキーマンです。

周囲が大反対した竹鶴政孝と妻のリタの結婚
にも早くから理解を示していたそうです。

阿部喜兵衛は結婚の知らせを聞いた家族から
頼まれて、結婚を思いとどまらせるために、
わざわざイギリスまで足を運んだのだ
そうです。

しかしリタに会い、その人柄に触れたことで
むしろ日本に連れてくるようにすすめた
といいます。

竹鶴政孝を入社させたこともそうですが、
建前にとらわれない、非常に理解のある
聡明な人だったんですね。

ちなみにドラマの中では田中大作の娘・優子
と竹鶴政孝が許婚の関係にありましたが、
実際には阿部喜兵衛と竹鶴政孝の間に
そういったエピソードはありません。

さて、留学した経験を生かして
初の国産ウイスキー製造を成し遂げた
竹鶴政孝ですが、結局のところ阿部喜兵衛の
摂津酒造では製造しませんでした。

じつは第一次世界大戦後の戦後恐慌のため
摂津酒造ではウイスキー製造の計画だけは
したものの、資金が確保できませんでした。

特にウイスキーは仕込んでから寝かせる
時間が必要ですから、製造を始めた年から
すぐには出荷ができません。

しかし、出荷できない間も操業しなければ
なりませんので、かなりの資金が要るわけ
ですね。

結局、竹鶴政孝は摂津酒造を退社し、
一時、高校で教師として化学を教えていた
のだそうです。

その後、竹鶴政孝を拾ってくれたのが、
鳥井信治郎
サントリーの創業者です。

まぁ阿部喜兵衛の摂津酒造では
成し遂げられませんでしたが、
国産ウイスキー製造のきっかけを作ったのは
間違いありません。

阿部喜兵衛という人物を知ることで
より「マッサン」を楽しめる
かもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す