江戸時代のプロデューサー・蔦屋重三郎とは?TSUTAYAとの関係は?

江戸時代に活躍した蔦屋重三郎
(つたや じゅうざぶろう)。

浮世絵黄表紙、洒落本などを出版から
販売まで手掛けていた人物です。

スポンサードリンク



蔦屋重三郎は1750年生まれ。
時代として江戸時代の真ん中くらいですね。

時の将軍は9代目の徳川家重
暴れん坊将軍・吉宗の息子ですね。

重三郎は浮世絵や黄表紙、洒落本の出版して
いた出版業者でした。

黄表紙は挿絵と文字で構成された絵本。
絵本とはいえ大人向けでしたので、現代で
言うところの漫画本みたいなもの
でしょうか。

洒落本は遊女との遊び方などを載せた
ガイド本。
いわば風俗雑誌みたいなものですね。

重三郎はこういったものを
ただ出版するだけに留まらず、
絵師や狂歌師を集めてさまざまな企画を
立ち上げた「プロデューサー」でも
ありました。

その企画力で次々とヒットを飛ばしていった
そうですので、江戸時代の「秋元康
みたいな感じでしょうか。

この重三郎のプロデュースで世に出たのが
浮世絵師の喜多川歌麿東洲斎写楽
作家の朋誠堂喜三二山東京伝といった
教科書にも名前が出てくるような有名人
ばかり。

現代でこそ高名な芸術家も、
生前は散々な評価で不遇なまま一生を終えた
というケースも多いものですが、こういう
敏腕プロデューサー”の存在で早くから
世に出られたというのは幸運なことですね。

そうしてヒットを連発して、重三郎は当時の
出版激戦区であった日本橋に進出。

しかし、人生山あり谷あり。
松平定信の“寛政の改革”で風紀の厳しい
取り締まりに遭い、財産の半分を没収されて
しまいます。

「風紀を乱している」なんて決め付けられて
お上に財産取られるって酷い話ですね。

まぁこういう庶民の娯楽をお上が取り締まる
なんてことをして経済が良くなること
はなく、結局“寛政の改革”は
成功しませんでした。

それにしても海外の芸術家たちすら魅了した
浮世絵を世に広めたプロデューサーが当時
いたなんて驚きです。

やっぱり他人と違うことをやりたがる人って
昔からいるんですね。

それで成功しているんですから、現代なら
「カンブリア宮殿」あたりに呼ばれている
でしょうね。

さて、この蔦屋重三郎の苗字「つたや」。

もしかしてあの「TSUTAYA」はその子孫?
と思いきや、別にそういった関係ではない
そうです。

どうやらTSUTAYAの創業者の店の屋号が
元々「蔦屋」だったというのがその由来
のようです。

一説には創業者が「蔦屋重三郎」にあやかる
つもりで付けたとされていますが、どうも
この説については何も裏付けがない
ようです。

さて、今もメジャーな浮世絵師として名高い
歌麿や写楽。

どこかでその作品を目にした際には
名プロデューサー・蔦屋重三郎の名前も
ぜひ一緒に思い出してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す