パインの上田豊社長の経歴・出身校、パインアメ誕生秘話

黄色い輪になった飴玉といえばパインアメ
その製造元がパイン株式会社です。

創業は1948年、戦後すぐですね。
現在も本社がある大阪で操業を始めました。

スポンサードリンク



戦後」というのがひとつのキーワードで、
当時はパインの缶詰めが大変な貴重品
でした。

なかなか庶民の口には入りづらかったこと
から、その味を手軽にアメにして味わって
もらおうというコンセプトで開発されたのが
「パインアメ」でした。

当時は「パイナップル飴」という名前で
販売されていました。
しかも、あのトレードマークとも言うべき
”が開いていなかったのだとか。

今となっては穴の開いてないパインアメ
なんてパインアメと認められませんよね。

のちに穴開きのパインアメを売り出すことに
なるのですが、その穴開けは当時はなんと
すべて手作業。

割り箸でつついて開けていたのだそうです。

しかし、何千個、何万個とこなしている
うちに腱鞘炎にかかる従業員が続出。

大変な重労働だったんですね。

今は当然、機械化されているそうですが、
その製造法は企業秘密なのだそうです。

簡単にできちゃいそうですけど、単純に
型にはめてプレスしているわけではない
そうです。

う~ん隠されると逆に気になりますね。

作り方は秘密ですが、穴の直径は7.5ミリ
表面のすじは24本ときっかり決まっている
そうです。

たかがアメと侮るなかれ。
こだわって作ってらっしゃるんですね。

現在の社長は創業者の息子の上田豊氏。
1949年生まれの65歳。

慶應義塾大学を卒業されています。

創業者のお父さんが会長になったあとに
豊氏が2代目の社長に就任したそうです。

現在、パインの従業員は100名ほど。

しかし年間の売上高はなんと35億円!

しかもパインアメだけで15億円と言います
から、やはり主力商品なんですね。

いや~パインアメ思いのほかすごいですね。

ちなみにパインにはパインアメのほかに
「オレンジアメ」や「あわだま」、
「どんぐりガム ミックス」といった商品が
あります。

最近ではあべのハルカスの展望台で
「パインアメソフトクリーム」が販売されて
います。

アイスがパイン味なのはもとより、アイスの
上に砕いたパインアメがふりかけられて
います。

なかなかおいしそうですね。

あべのハルカスにお越しの際はぜひ味わって
みてください。
1個400円だそうです。

さて、あべのハルカスにまで進出した
パイン株式会社。

これでますます売り上げが上がっちゃうかも
しれませんね。

今まさに大注目の企業です。

スポンサードリンク

コメントを残す