ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

立命館大学・久保幹教授の微生物研究がすごい!

投稿日:

微生物の力で農業を大きく変えるほどの
成果を挙げているのが立命館大学の
久保幹(くぼ もとき)教授。

特殊な微生物を発見し、その力を利用して
植物の大きさを2倍にしてしまった
のだとか。

スポンサードリンク

大豆ペプチドで収穫も2倍に!?

化学肥料を減らす有機農法の研究を始めた
久保教授。

栄養豊富な大豆カスを肥料にしようと
考えますが、大豆が分解されるのに
時間がかかるのが課題でした。

そこで9年にも渡って研究した結果、
大豆カスを従来の100倍以上の速度で
大豆ペプチドに分解する微生物を発見。

それを植物に与えると根毛が増え、
大きさが2倍に成長したのだそうです。

単純に考えて、収穫量も2倍になるんじゃ
ないですかね。

食糧問題が一気に解決しそう。

まぁそんなに単純な話じゃないんでしょう
けど、それまでの常識を覆す発見に、
研究者の間からはその成果を疑われたのだ
そうです。

しかし、さらに研究を進めて根がペプチドを
吸収して、成長を促進していることを証明。

まだなんとなく、
「すごい発見なんだろうなぁ」程度にしか
感じないですけど、もしかしたらこれから
世界の食糧事情を変えてしまうほどの
大発見になるかもしれませんね。

微生物で石油を作る?

なんと微生物で石油を作る研究もしている
という久保幹教授。

ミドリムシみたいな藻から燃料を作るという
研究はすでにビジネス化していますが、
久保幹教授の場合は昆虫などの体内で
生成される石油に近い成分に着目。

セミのほかになんとあのゴキブリの体内でも
そういった物質が見られるのだとか。

いやぁびっくりする話ですね。

じゃあゴキブリ燃やしたら爆発するのかって
そんなわけないでしょうけど。

セミやゴキブリには石油に近い物質を体内で
作ってくれる微生物がいるわけですね。

その微生物が特定できて、さらに培養
できればもう純国産エネルギー誕生も
夢じゃないですね。

藻だとそこから搾り出さなきゃいけない
手間がかかりますし、廃棄物も出ます。

微生物がそのまま生成してくれるなら、
培養したまま燃料ができるわけですから
手間いらず。

夢が広がりますね。

まぁその微生物が見つかっても培養が
難しかったり、生成する量が少なかったり
したら実用まで持っていくのはかなり難しい
でしょうけど。

しかし、こういった課題を乗り越えれば
まさに夢の国産エネルギーの誕生。

久保教授にはぜひこれからもがんばって
微生物の研究を続けていってもらいたい
ですね。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

寝たきりにならない村・群馬県南牧村ってどこ?人口は?

高齢化と人口減少が日本一だという群馬県南牧村(なんもくむら)。 しかし、高齢者が多い中で、「寝たきりにならない村」としてテレビでも紹介されています。 そんな南牧村について調べてみました。

no image

愛知県稲沢市の桜木琢磨市議のプロフィール、冤罪の可能性は?

昨年10月、覚せい剤所持の疑いで中国で逮捕された愛知県稲沢市の桜木琢磨市議。 その初公判が26日に開かれ、桜木市議は「無罪」を主張しています。 その桜木市議と事件について調べてみました。

no image

フジッコの創業者・山岸八郎氏が死去、その経歴・業績

「フジッコのお豆さん♪」でおなじみのフジッコ株式会社の創業者であり会長だった山岸八郎氏が逝去されました。 享年85歳。

no image

USJをV字回復させた森岡毅CMOの経歴・出身校・戦略など

低迷するUSJを3年間でV字回復させた森岡毅(もりおかつよし)CMO。 「ハリーポッター」のテーマパークを莫大な投資で断行するなどその手腕に注目が集っています。 そんな森岡毅氏について調べてみました。

no image

人間国宝・常磐津一巴太夫さん死去、プロフィールとその業績

人間国宝・常磐津一巴太夫(ときわずいちはだゆう)さんが死去されたそうです。享年83歳。 一巴太夫さんは三味線音楽の語り物である浄瑠璃・常磐津節(ときわずぶし)の太夫(語り手)として活躍されていた第一人 …