ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

スポーツ

杉山愛が結婚した6歳年下の夫、職業は?子供は?

投稿日:2014年8月20日 更新日:

かつて世界で活躍したプロテニスプレーヤーの杉山愛さん。
163センチと小柄ながら努力を重ねて、ダブルス世界ランキング1位という日本人初の快挙も成し遂げました。

2009年に引退し、現在はテニス解説やタレントとしても活動しています。

スポンサードリンク

プロフィール

  • 神奈川県横浜市出身
  • 1975年7月5日生まれ(39歳)
  • 身長:163センチ

祖父も父も歯科医師
体操・フィギュアスケート・バレエなどの複数の習い事をしているうちのひとつがテニスだったそうです。
やはりテニスへの入れ込み方が他とは違っていたのだとか。

しかし、こんなに習い事させられるなんて間違いなく“お嬢様”だったんですね。

現役時代の成績

シングルス

  • 2000年 全豪オープン ベスト8
  • 2004年 ウィンブルドン ベスト8

ダブルス

  • 2009年 全豪オープン 準優勝
  • 2003年 全仏オープン 優勝
  • 2003年 ウィンブルドン 優勝
  • 2000年 全米オープン 優勝

自己最高世界ランキング

  • 2004年2月9日 シングルス8位
  • 2000年10月23日 ダブルス1位

結婚は?子供は?

2009年に現役を引退。

そして、2011年に6歳年下の男性と結婚。
ハワイで挙式しました。

お相手は一般人の会社員だそうで身長176センチ。
見た目はサッカーの長谷部誠選手を太らせた感じだとか。
海外生まれ海外育ちで杉山さんとの結婚を機に日本へ移ったのだそうです。

交際期間は2年ほどで、ひざまずいて英語でプロポーズされたのだとか。
女性はこういうの好きそうですねぇ。

まだお子さんの予定は聞かれませんが、「子供は2人くらいほしい」と語っています。
ぜひそのDNAを受け継いだお子さんを英才教育してグランドスラムを達成させて欲しいですね。

引退後の活動

引退後はテニス中継の解説を務めたり、テレビ番組への出演といったタレント活動もしています。
レギュラーとして日テレの「スッキリ!!」の月曜コメンテーターも務めています。

後進の育成にも熱心で、神奈川県茅ヶ崎市に「Palm International Sports Club(パーム・インターナショナル・スポーツ・ クラブ)」を設立。
日本のプロ選手が利用するほどの充実したトレーニング施設なのだそうです。

また現役時代からNPO法人「パームインターナショナル湘南」を立ち上げ、世界に挑戦する子供たちを支援する「LOVE’S DREAM 杉山愛ジュニア育成基金」を設立しています。

非常にすばらしい活動をされていますね。
第2・第3の杉山愛も遠くない未来に誕生するんじゃないでしょうか。

海外で戦ったその豊富な経験を伝えて、ぜひ世界で活躍するトップ選手を育成してもらいたいですね。

-スポーツ

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ドラフトの目玉!身長183センチの大砲、智辯学園・岡本和真内野手

台風の影響で順延となった夏の甲子園ですが、今大会注目のスラッガーが智辯学園の岡本和真内野手。 身長183センチ、体重95キロという恵まれた体格で、高校通算73本塁打という紛れもないスラッガーです。

no image

フレッド・和田勇の経歴、妻・子供について

日系2世として1964年の東京オリンピックの招致に尽力したフレッド・和田勇さん。 彼なしには東京オリンピックの開催はなかったと言っても過言ではないでしょう。 そんな和田さんについて調べてみました。

no image

東京オリンピック呼んだ男、フレッド・和田勇とは?

1964年に開かれた東京オリンピック。 まだ戦後から完全に立ち直っていなかった日本にこのオリンピックを招致することに影で貢献したのが日系2世のフレッド・和田勇さんでした。

no image

日立が生んだ「パンポン」のルールと歴史

茨城県日立市では知らぬ者のないスポーツ「パンポン」。 少し小さめなコートで手作りのラケットを使って軟式テニスボールを打ち合う競技です。 そんなパンポンについて調べてみました。

明徳義塾・岸潤一郎投手の中学時代とジャイロボールの真相

甲子園での活躍が期待され、ドラフト候補でもある明徳義塾の岸潤一郎投手。 最速は145キロのストレートに、カーブ、スライダー、カットボール、フォーク、ツーシームといった多彩な変化球を操る右の本格派投手で …