ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

広島土砂災害の原因といわれるバックビルディング現象とは

投稿日:

死者40名は近くにのぼり、行方不明者も出ている広島土砂災害
1時間に100ミリを超える猛烈な雨が土石流を引き起こしました。

その猛烈な雨の原因と言われているのが「バックビルディング現象」です。

スポンサードリンク

バックビルディング現象とは

雷雨の元となる積乱雲は暖かく湿った空気が流れ込むことで発生します。
通常、発生した積乱雲はその場で雨を降らせると消えていきます。

しかし、出来上がった積乱雲が別方向からの風に流されると、その場にまた新たな積乱雲が発生。
このサイクルが繰り返されることで流された積乱雲が次々と雨を降らせ続け、夕立のような雨が数時間に渡って続く現象が起きます。

これが「バックビルディング現象」です。

まるで次々と弾丸が装填されていくようなイメージですね。

今回の広島でも、南からの湿った空気によって発生した積乱雲が上空で吹く南西の風に流されて、狭い範囲に集中して豪雨が降り注いだと見られています。

観測した地点によっては19日の降り始めから20日午前7時までの総降水量が280ミリを超えた箇所もあったのだそうです。

過去にもあったバックビルディング現象

先月の富山県魚津の大雨もこのバックビルディング現象と見られ、住宅十数軒が床上・床下浸水するといった被害が出ています。

さかのぼると昨年7月に山口・島根県、同年8月に秋田・岩手県を襲った豪雨もこのバックビルディング現象と見られています。

予測はできないの?

今のところ予測することは非常に困難といわれています。

専門家も今回の広島での豪雨について「ここまでの雨を予測するのは難しい」と語っています。

広島での被害について「避難指示が遅かった」という声も聞かれます。

専門家すら予測できない「バックビルディング現象」ですから、地盤の緩い地域や過去にも被害があった地域では特に日頃からの対策が重要でしょう。

近年、多く見られる「夏には豪雨」「冬には豪雪」という極端な天候。
誰もが意識していざというときに自らの身を守れるような準備をしておきたいものです。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

藤井浩人・美濃加茂市長はやっぱり冤罪なのか?

昨年の4月に当選し、“日本一若い市長”として話題になった藤井浩人・美濃加茂市長。 しかし、今年6月に受託収賄の容疑で逮捕、名古屋地検によって起訴されています。 この事件、政治家が起こしたよくある不祥事 …

no image

ヤマトグループ代表・鷹松募の経歴、年商、年収はいくら?

千葉県を中心に展開するヤマトグループ代表の鷹松募(たかまつつのる)氏。 卸から小売、観光までをすべてグループ企業で行う新しい漁業の形を作り上げたパイオニアです。

no image

鳥取県境港市・中村勝治市長のプロフィール・出身校など

北朝鮮を訪問するとのことで話題になっている鳥取県境港市の中村勝治市長。 拉致問題の解決に向けた動きが重要な局面にきている最中の訪朝で物議を醸しそうですね。

no image

自民党幹事長に確定か?谷垣禎一法相の経歴・家族・子供は?

自民党役員人事で谷垣禎一法相が自民党幹事長に起用される見通しとなったと報じられています。 野党時代に総裁として自民党の不遇の時代を支えた功労者。 谷垣氏に幹事長を任せるとは安倍首相も重みのある一手を打 …

no image

政調会長に?稲田朋美行政改革相のプロフィール、夫・子供は?

自民党役員人事で政調会長に抜擢される見通しとなった稲田朋美行政改革相。 当選3回の若手が異例の大抜擢ということで話題性も十分。 そんな稲田氏について詳しく調べてみました。