ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

「ハッピーフライト」じつは矢口監督がキャストをオーディション?

投稿日:

2008年に公開されて興行収入13億3000万円を記録した映画「ハッピーフライト」。

監督は「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督。

新人パイロットやCAたちが繰り広げるドタバタ劇航空業界の裏側をリアルに楽しめる映画となっています。

スポンサードリンク

キャストは全員オーディション

矢口監督のこだわりでキャストは全員オーディションで決めたのだそうです。
これは「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」でも同様だったとのこと。

田辺誠一演じる“機長昇格訓練生”のダメっぷりや綾瀬はるか演じる“新人CA”のおっちょこちょいぶりがハマってますよね。

やっぱりオーディションで決めているので、監督の思い通りのキャスティングができた結果でしょう。

航空業界の裏側がリアルすぎる

コメディー色が強い映画ではありますが、航空業界を描き方はとてもリアル
徹底的に取材した跡が窺えますね。

もともと航空機の墜落などといったパニックものを描こうとしたそうですが、現実的に航空機の墜落は可能性が低いため、機体異常で空港にUターンするだけのストーリーに変更したのだそうです。

ほかにもCAに常に小馬鹿にされる副操縦士というのもリアルな話なのだとか。
まぁそのへんは研修医をこき使う看護師と同じなんでしょうけど。

ANAが撮影に全面協力

本作品では全日本空輸 (ANA) が全面協力してくれたのだそうです。

撮影のために運用中のボーイング747型機15日間も無料でレンタル。
そのほか旅客ターミナルや整備工場でもロケを敢行。
いずれも日本映画史上初だったとのことで、これはANAも評判を上げたんじゃないでしょうか。

今やなんでもCGでできちゃう時代でしょうけど、国や自治体、大手企業はこういう撮影オファーには快く応じてもらいたいですね。
それがまた宣伝につながって、評判にもつながりますから。

見所がいっぱい

コメディーとして楽しんだり、航空業界のトリビアを楽しんだりと見所がいっぱい。
ネタばれしてしまうと、最後のハッピーエンドにちょっとホロっときたり。

撮影の裏側まで知ると、よりこの映画を楽しめるのではないでしょうか。

映画「ハッピーフライト」をぜひご覧ください。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ダイキン工業会長・井上礼之氏の経歴・学歴・名言

ぴちょんくんのキャラクターでもお馴染みとなったダイキン工業。 今や売上高1兆7800億円の大企業に成長しています。 そんなダイキンを世界企業に育て上げたのが現会長の井上礼之(いのうえのりゆき)氏。 辣 …

no image

ミニトマト「ベビーベビー」は青森市が生んだ新たな特産品

青森市の農業指導センターで栽培されているミニトマト「ベビーベビー」。 新たな特産物にするために開発され、昨年誕生したばかりの新品種です。

no image

映画「小野寺の弟・小野寺の姉」のキャスト・あらすじについて

舞台で上演されて好評を博し、映画化された 「小野寺の弟・小野寺の姉」。 主役の姉・弟役にそれぞれ片桐はいりさんと 向井理さん。 二人とも舞台でも同様の配役でした。

no image

ISAK代表・小林りんの出身高校・大学、夫・子供は?

インターナショナルスクール・オブ・アジア (以降ISAK)軽井沢の代表を務める 小林りんさん。 ISAKは世界で活躍するリーダーを育成すべく 軽井沢に今年開校した全寮制の高校です。

no image

菅義偉・官房長官の息子は秘書?奥さんは?

官房長官として連日のようにメディアに露出する菅義偉(すがよしひで)氏。 今まで失言などは一切せず、ほぼ完璧なマスコミ応対を見せる有能ぶり。 まさに紛うことなき安倍内閣の大黒柱。 そんな菅官房長官につい …