ニュース一丁目の裏通り

気になるニュースの詳細とその裏側をお届けします!

国内ニュース

ミニトマト「ベビーベビー」は青森市が生んだ新たな特産品

投稿日:

青森市の農業指導センターで栽培されているミニトマト「ベビーベビー」。
新たな特産物にするために開発され、昨年誕生したばかりの新品種です。

スポンサードリンク


別名「プチぷよ」と言うそうですが、その特徴は皮が薄くて柔らかいその食感。
サラダにしてもデザートとしても楽しめるとのことで、野菜というよりも果物に近い感じですね。

昨年できたばかりということなので、調理方法や商品開発ももっと広がっていきそうですね。

トマトはビタミンCが豊富であるほか、ビタミンE、リコピン、β-カロチン、カリウムなどが含まれています。

ビタミンCには美容効果があるというのは知られている通りで、ビタミンEやβ-カロチンには老化防止効果があります。
リコピンはトマトの赤い色素の元ですが、老化防止のほかガン予防にも効果があるのではないかとも言われています。
また、カリウムは塩分排出に効果的です。

トマトは苦手な人もいますが、これだけ栄養豊富だと摂らないと損でしょう。
今までのミニトマトとは違った味と食感が売りのベビーベビーなら、もしかしたら食べられる人もいるかもしれませんね。

早速「食べてみたい」という方もいらっしゃると思いますが、できたばかりでまだ生産量が少ないのだそうです。
そのため取り扱っているのは青森の一部スーパーや直売所、飲食店だけとなっています。
早く全国に流通するくらいに生産が広がってほしいですね。

「赤ちゃんのほっぺ」というくらいに柔らかくて繊細だということで、パッケージも一つ一つ実が接しないように気を使っているのだとか。
さながら高級さくらんぼ並みですね。

青森から誕生した新たなミニトマト「ベビーベビー」。
評判が広がれば、数年後には全国のスーパーの青果コーナーに並ぶ日が来るかもしれません。
もし、どうしても今すぐ食べてみたい方は、観光がてら青森まで足を運んでみてくださいね。

-国内ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「アイヌ民族いない」発言の金子快之・札幌市議、発言は撤回せず

ツイッター上で「アイヌ民族いない」と発言して物議を醸した金子快之(やすゆき)札幌市議。 多くの批判が沸き起こっているにもかかわらず、「発言は撤回しない」という強気の姿勢。 自民党会派からは離脱勧告まで …

no image

カインズホームの土屋裕雅氏の年収・経歴、意外な趣味とは?

全国に展開しているホームセンター 「カインズホーム」。 今年7月現在、24都道府県に194店舗を展開。 その売上高は3700億円に迫る勢いなのだ そうです。

no image

人間国宝・常磐津一巴太夫さん死去、プロフィールとその業績

人間国宝・常磐津一巴太夫(ときわずいちはだゆう)さんが死去されたそうです。享年83歳。 一巴太夫さんは三味線音楽の語り物である浄瑠璃・常磐津節(ときわずぶし)の太夫(語り手)として活躍されていた第一人 …

no image

「HOME 愛しの座敷わらし」のあらすじ&ネタバレ、ロケ地紹介

2012年に公開された映画「HOME 愛しの座敷わらし」。 「相棒」でお馴染みの水谷豊が主演。 そのあらすじなどをご紹介。 ネタバレもありますのでご注意ください。

no image

青藍義塾・坪田信貴の経歴・妻は?子供は?

「ビリギャル」がベストセラーにもなっている青藍義塾塾長の坪田信貴氏。 偏差値30のコギャル女子高生を慶應大学合格に導いたというその手腕。 まさに神業ですね。 そんな坪田氏について調べてみました。